HOME > 組合員の活動 > くらしの委員会

くらしの委員会

岡山医療生協は、「くらしの学校」や「班会」で学んだことを力に、社会保障制度の改善要求運動や「まちづくりチェック」など、安心して住みつづけられるまちづくりの活動にとりくんでいます。

「くらしの学校」とは?

「安心して住みつづけられるまちづくりをすすめるために、仲間といっしょに楽しく学ぶところ」です。

  • みなさんが住むまちやくらしは、安全・安心で快適ですか。今後、保健や医療、福祉はどうなっていくのでしょう。
  • まず知ること、見ることから始めましょう。岡山医療生協の組合員であればどなたでも受講できます。
  • よくわかるお話とともに、施設見学やフィールドワークなどもあります。
  • 講師陣は、岡山医療生協の専門家(医療ソーシャルワーカーやケアマネージャー)などが務めます。
  • 受講料は、「2,000円」です。

カリキュラムの例

  カリキュラムの例 講師
第1課 ☆社会保障とは 医療ソーシャルワーカー
第2課 「消えた年金」はどうなるの? 社会保険労務士
第3課 知って得する制度 医療ソーシャルワーカー
第4課 介護施設見学  
第5課 税金の集め方と使い方 市議会議員
第6課 ☆まちチェック  
第7課 ☆くらしの委員とは くらしの委員会

「社会保障制度の改善運動」

「社会保障制度の改善運動」には、年齢で医療を差別する制度「後期高齢者医療制度」を廃止する運動や、国民健康保険制度を改善し国民皆保険を守る運動などがあります。署名運動や行政との懇談などを通じ、これらを実現するために奮闘しています。

夜のわがまち点検

2008虹のバレンタインパレード

岡山副市長と懇談

「まちづくりチェック」

まちづくりチェック