岡山で健康診断、特定健診、がん健診を受診するなら岡山医療生協へ!

健診結果が届いたら

労災保険二次健康診断とは、働く方々の脳血管障害、心臓疾患を効果的に予防する目的で始められた保険給付です。定期健康診断の結果一定の要件に該当すれば、受診者の費用負担なく受けることができます。

岡山協立病院と岡山東中央病院は労災二次健康診断等給付の指定医療機関になっています。

■対象者

労働安全衛生法に基づいて行われる定期健康診断等のうち下記に該当する場合、二次健康診断の給付が受けられます。

①一次健康診断の結果、次のすべての検査項目について異常所見があると診断された場合

●血圧検査 ●血中脂質検査 ●血糖検査 ●腹囲またはBMI(肥満度)の測定

②脳・心臓疾患の症状を有していないこと

③労災保険の特別加入者でないこと

※一次健康診断の受診日より三か月を経過していないこと

■二次健康診断の内容

健診日

○空腹時血液検査 【脂質・血糖値・HbA1c(一次検査で実施していない場合のみ)】

○胸部超音波検査(心エコー検査)または負荷心電図

○頸部超音波検査(頸部エコー検査)

○微量アルブミン尿検査(一次検査の尿蛋白検査で(±)または(+)の所見が認められた場合のみ)

後日

○結果説明

○特定保健指導(生活・栄養・運動)

■費用

労災保険二次健康診断二次健康診断は無料で受診できます。

二次健康診断等給付の流れは以下のようになります。

注意事項

※労災保険に加入していなければなりません。

※一次健康診断の受診日より三か月以内にお申し込みください。

※一年度(4/1~翌年3/31)に一回のみ受診いただけます。

※既に脳・心臓疾患を発症している方は対象になりません。

※労災保険制度に特別加入されている方(事業主・法人役員・家族従業者など)は対象外になります。

準備していただくもの

○同封の二次健康診断等給付証明書

※事業主様のご署名(印でも可)・捺印・必要事項をご記入したもの

○一次健康診断結果表(コピー可)

○健康保険証

ご予約

○岡山協立病院、岡山東中央病院で実施しています

○「労災二次健診」でとお申し込みください

○お手元に健診結果をご用意ください