岡山で健康診断、特定健診、がん健診を受診するなら岡山医療生協へ!

血管の検査【血圧脈波(CAVI)・頚部,甲状腺超音波検査(頚部,甲状腺エコー)】

■血管の検査の目的

血管は血液を全身に送る管です。この血管の壁が厚くなったり硬くなった状態(動脈硬化)になると血管がつまったり破れやすくなります。心臓で血管がつまると心筋梗塞になり、脳で血管がつまると脳梗塞になります。通常、加齢とともに動脈硬化は進行しますが、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧、喫煙などがあると急速に動脈硬化が進行します。

まずはご自身の血管の状態を知ることが大切です。

そして結果を参考に生活習慣を見直し、血管を若く保ち健康長寿を目指しましょう。

■動脈硬化がすすむと起きる病気

狭心症・心筋梗塞

動脈硬化がすすむと心筋(心臓の筋肉)へ血液を送る冠動脈の一部の血管が狭くなり、血液の流れが悪くなったり、一時的に血流が途絶えたりし、急に胸が締め付けられるような痛みの発作が起こります。(狭心症)

また、血管がやぶれたり詰まった状態になると冠動脈の血流が完全に途絶え、胸に非常に強い痛みが起こり吐き気や呼吸困難などが起こり、適切な処置をしないと命を落としてしまうこともあります。(心筋梗塞)

脳梗塞

脳の動脈硬化がすすむと、脳の血管が詰まりやすくなり、それが原因で血流が途絶えて、脳の一部が死んでしまう病気です。

脳梗塞は突然、麻痺や会話がしにくいという症状が起こり、しばしば後遺症が残ったり、そのまま命を落とすこともあります。

閉寒性動脈硬化症

下肢の動脈硬化がすすみ、血液の流れが悪くなる病気です。

少し歩くだけでふくらはぎなどに痛みが起こり、歩けなくなります。

さらに動脈硬化がすすむと安静時でも足が痛むようになり、最悪の場合は足を切断しなくてはならないこともあります。

また、閉塞性動脈硬化症の方は心臓や脳の病気を引き起こす可能性も高いことが分かっています。

■脳卒中の危険度チェック

1.血圧が高め

2.たばこを吸う

3.太り気味

4.寝不足気味

5.ストレスを感じることが多い

6.アルコールを週に3日以上飲む

7.運動不足

8.普段、座って生活することが多い

9.魚より肉をよく食べる

10.濃い味付けを好んで食べる

11.いつもおなかいっぱい食べる

あてはまる項目が多いほど要注意

■血管の検査

血圧脈波検査

血管の硬さと詰まりを知ることができ、動脈硬化の程度が分かります。

仰向けに寝た状態で両腕・両足首の4か所に血圧計を巻き、血圧と脈波を測定します。

この検査をオススメする方

  • 40歳以上の方で「脂質異常症」「高血圧」「肥満」「糖尿病」などの生活習慣病がある。
  • 自覚症状で冷感やしびれ感などがある
  • タバコを吸う

頚部,甲状腺超音波検査(頚部,甲状腺エコー)

頸動脈は全身の動脈の中でも体表に近く、この検査により全身の動脈硬化が推定できます。検査は仰向けに寝て首をしっかり伸ばした状態でゼリーを塗り、超音波を発生する機器を左右の頸動脈に当て観察します。

動脈硬化が起こっていると、血管の壁が厚くなっていたり硬く(石灰化)なっているので、血管の壁の厚さを測定し、石灰化の有無や血管が狭くなっていないかを調べます。

また、同時に甲状腺も観察し異常がないか調べます。

甲状腺の病気にかかると、甲状腺が大きくなりやすいため、超音波検査で大きさや、しこりの有無を調べます。

この検査をオススメする方

  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症や肥満などの生活習慣病の既往がある
  • 高尿酸血症の既往がある
  • ストレスをよく感じている
  • 運動不足
  • 足のしびれ
  • タバコを吸う
  • アルコールの量が多い