岡山で健康診断、特定健診、がん健診を受診するなら岡山医療生協へ!

医療生協の健診コース

医療生協のオリジナルドック

日帰り

人間ドック

レディース

ドック

肺ドック

血管すこやか

ドック

料金

(税込み)

医療生協組合員

30,240

40,180

15,120

18,360

一般

37,800

46,660

19,440

22,680

診察

内科診察(問診・触診・聴打診)

計測

身長・体重・BMI・血圧・腹囲

視力(裸眼・矯正)

眼底・眼圧検査

聴力(1000Hz・4000Hz)

尿検査

尿検査(蛋白・潜血・糖)

推定塩分摂取量

尿中アルブミン

胸部検査

胸部レントゲン(直接撮影)

胸部CT

肺機能検査

喀痰検査

心電図検査

腹部検査

胃・食道検査(レントゲン検査)

胃カメラ検査(経口・経鼻)

※胃カメラは2000円追加

※胃カメラは2000円追加

腹部超音波検査

内臓脂肪CT

大腸検査

便潜血検査2回法

血液検査

血液一般

肝機能:GOT・GPT・γーGTP

総蛋白・アルブミン

総ビリルビン

ZTT

LDH

膵機能:アミラーゼ

腎機能:クレアチニン

   :尿酸

脂質 :総コレステロール

   :中性脂肪、LDL、HDL

   :sd-LDLコレステロール

糖代謝:血糖

   :HbA1c

CRP

RA

血清 :HBs抗原

   :HCV抗体

   :PSA(前立腺がん検査)

追加(1,080円)

子宮検査

子宮頸がん検診(内診・細胞診)

追加(2,590円)

婦人科エコー(経膣エコー)

追加(2,160円)

乳検査

乳がん検診(視診・触診)

追加(1,080円)

マンモグラフィ(1方向)

追加(2,010円)

マンモグラフィ(2方向)

追加(3,030円)

乳腺超音波検査

追加(2,160円)

血管の検査

頚部・甲状腺エコー

血圧脈波

結果

結果説明・生活相談

実施事業所

岡山協立病院

岡山東中央病院

コープ大野辻クリニック

コープ西大寺診療所

コープみんなの診療所

せいきょう玉野診療所

■岡山医療生協オリジナルセット健診

印刷用pdfはこちらからダウンロードできます。

岡山医療生協のセット健診

労働安全衛生法の健診

基本健診

ヤングコース

レディース

30コース

レディース

40コース

一般健診A

一般健診B

料金

(税込み)

医療生協組合員

6,800

7,180

11,340

15,120

9,180

4,100

一般

9,720

10,260

16,200

21,600

診察

内科診察(問診・触診・聴打診)

計測

身長・体重・BMI・血圧・腹囲

視力(裸眼・矯正)

眼底・眼圧検査

聴力(1000Hz・4000Hz)

尿検査

尿検査(蛋白・潜血・糖)

推定塩分摂取量

尿中アルブミン

胸部検査

胸部レントゲン(直接撮影)

胸部CT

肺機能検査

喀痰検査

心電図検査

腹部検査

胃・食道検査(レントゲン検査)

胃カメラ検査(経口・経鼻)

腹部超音波検査

内臓脂肪CT

大腸検査

便潜血検査2回法

血液検査

血液一般

肝機能:GOT・GPT・γーGTP

総蛋白・アルブミン

総ビリルビン

ZTT

LDH

膵機能:アミラーゼ

腎機能:クレアチニン

   :尿酸

脂質 :総コレステロール

   :中性脂肪、LDL、HDL

   :sd-LDLコレステロール

糖代謝:血糖

   :HbA1c

CRP

RA

血清 :HBs抗原

   :HCV抗体

   :PSA(前立腺がん検査)

子宮検査

子宮頸がん検診(内診・細胞診)

婦人科エコー(経膣エコー)

乳検査

乳がん検診(視診・触診)

マンモグラフィ(1方向)

マンモグラフィ(2方向)

(どちらか選択)

(どちらか選択)

乳腺超音波検査

血管の検査

頚部・甲状腺エコー

血圧脈波

結果

結果説明・生活相談

実施事業所

岡山協立病院

岡山東中央病院

コープ大野辻クリニック

コープ西大寺診療所

コープみんなの診療所

せいきょう玉野診療所

■オプション健診

医療生協のセット健診にはご希望でオプション検診も追加できます。

オプション項目は、単独でも検査できます。

検査名

価格

内容

組合員

一般

視力・聴力

430

430

視力は裸眼視力、矯正視力を測定します。
聴力はオージオで1000ヘルツ、4000ヘルツの聴こえの検査です。

眼底・眼圧

2,160

3,910

眼底検査は眼底カメラによって眼底の動脈硬化の状態を調べます。
眼圧検査は緑内障の有無などが分かります。

甲状腺機能検査(TSH)

860

1240

甲状腺ホルモンの分泌量を調べ、甲状腺機能の異常がわかります。

胸部レントゲン

1,080

2,210

胸部のX線撮影を行います。肺や心臓などの疾患を検査します。

胸部CT

8,640

10,800

CT検査で、胸部X線ではわかりづらい大きさの疾患も発見できます。

喀痰検査

3,240

3,240

痰の中に病的な成分が含まれていないか調べます。

肺年齢測定

1,080

2,160

肺活量・1秒量・1秒率等を測定し肺年齢を出します。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)が分かります。特に喫煙者にお勧めです。

心電図

860

1,080

不整脈、虚血性の心疾患、心肥大、心臓の筋肉の異常などを調べます。

胃部レントゲン

8,640

10,800

バリウムを飲んで胃のX線撮影を行います。
食道・胃・十二指腸の疾患を検査します。

胃カメラ

11,230

14,040

内視鏡で食道、胃、十二指腸の病変の有無を調べる検査です。
経口・経鼻・鎮静(眠った状態で検査)の方法を選ぶことができます。

ABC検査

3,240

6,480

血清ペプシノゲンとピロリ菌抗体の検査をします。
血液検査で胃がんのリスクを調べる検査です。

B・C型 肝炎

1,940

5,550

B型・C型肝炎に感染しているかどうかの検査です。

腹部超音波検査 (腹部エコー)

2,160

5,400

肝臓、胆のう、胆管、腎臓などの病変の有無を調べる検査です。

内臓脂肪CT

2,160

4,320

体脂肪には皮下脂肪と腸や肝臓の周囲につく内臓脂肪があります。
CTで内臓脂肪の面積を測定します。

大腸がん検診(便潜血検査)

1,300

1,600

便に血が混じっていないか2回分検査します。
消化管(主に大腸)からの出血を調べる検査です。

乳がん視触診検診

1,080

2,210

腫瘤やリンパ節の腫れ、分泌液がないかを触診で調べます。

マンモグラフィ 1方向

2,010

3,960

乳房を挟んでX線撮影を行い、ごく小さながんを発見することができます。
40歳代の方は2方向、50歳以上の方は1方向の検査が一般的です。

マンモグラフィ 2方向

3,030

6,020

乳腺超音波検査(乳腺エコー)

2,160

3,780

乳腺用の超音波で検査します。
40歳未満の方やマンモグラフィ検査ができない方にお勧めしています。

子宮頸がん検診

2,590

3,240

子宮の内診と子宮頸部の細胞を検査します。

HPV検査

4,320

5,400

HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮がんの発症と関係が深いことが分かっています。子宮細胞診検査に併用することにより、精度の高い検診にすることができ、がんの前段階である異常細胞の早期発見につながります。

婦人科エコー検査(経膣エコー)

2,160

3,780

経膣の超音波で子宮や卵巣の検査をします。

前立腺がん検診

1,080

2,990

血液検査で前立腺特異抗原(PSA)を調べます。

骨密度検査

1,510

3,120

腰椎の骨量をレントゲンで調べます。

血圧脈波

1,080

2,160

血管の硬さと詰まりを知ることができ、動脈硬化の程度が分かります。
寝た状態で両腕、両足首に血圧計を巻き、血圧と脈波を測定します。

頚部・甲状腺超音波(頚部・甲状腺エコー)

2,160

3,600

頚部超音波は血管壁の厚さを測り、石灰化や狭窄の有無を観察します。
甲状腺は大きさやしこりの有無を調べます。

SAS(サス)検診(睡眠時無呼吸症候群)

5,600

7,410

腕時計型のパルスオキシメーターを就寝中につけて検査をします。
睡眠時に酸素が不足して臓器に負担がかかっていないかを調べます。

体力測定(ヘルスる)

1,030

1,550

握力、前屈、片足立ち、上体おこし、瞬発力、持久力の測定を行います。
実施日は毎月第1,3金曜午後からです。

栄養相談

1,080

2,160

管理栄養士が日常の生活習慣のご相談にお答えします。
食事記録を記入し、その記録を基にお話をさせていただきます。

推定塩分摂取量

430

540

日常の食事から摂取している塩分量を尿検査で調べます。目標は1日6g。

貧血検査

260

320

赤血球、白血球、血小板、血色素などから貧血の有無を調べます。

血液型

1,296

1,296

血液型(ABO・RH)を調べます。

sd-LDLコレステロール検査

2,700

3,240

超悪玉コレステロールの検査。悪玉のLDLコレステロールよりもさらに小粒子であることから、血管壁に侵入しやすく酸化されやすいという特徴を持っており、動脈硬化を引き起こしやすくなります。通常の検査では見逃されていた動脈硬化性疾患ハイリスク者のスクリーニングが行えます。

有機溶剤検査

お問い合わせください

職域における特殊健康診断をお受けいただけます。有機溶剤を扱う従業員の方を対象としております。価格はお問合せください。