医師募集|岡山協立病院医師募集サイト

患者様を総合的にマネジメントしていく、そんな医療を目指します。

クリックで動画をご覧になれます。

自己紹介をお願いします

岡山協立病院 院長の髙橋淳です。
一般内科、循環器内科を中心に診療してきました。

岡山医療生活協同組合とはどういった組織ですか

岡山協立病院は岡山医療生活協同組合の病院です。
自分たちでお金を出し合って出資をしています。それから運営も組合員さんが関わってやっています。
もちろん私たち職員も岡山医療生協の組合員です。
患者様の立場に立った、あるいは患者様自らが病院に力を貸してくださっているというところが、私たちの岡山協立病院の一番の特徴ではないかな、と思います。

私たちの病院では、お互いの職種が敬意をもって、お互いに専門性を尊重しながら、NSTですとか、あるいは褥瘡チームですとか、あるいは呼吸療法チームといったチーム医療も活発に行われています。

医局は各科ごとに分かれてはいません。気軽に各科の先生方同士がお互いにディスカッションしたり、あるいはコンサルテーションしたり、職種や科の壁を越えたアットホームなところが私たちの病院のいいところではないかな、と思います。

岡山協立病院の今後の方針(本館の建替え・総合診療科・救急科の新設)を教えてください

私たちの病院は急性期の病院ですので、特に力を入れたいもののひとつは救急です。その中では、いわゆるER型のウォークインの患者様も含めて診ていく、総合診療的なERを目指したいなと思っております。それに連動して、患者様を総合的にマネジメントしていく。そういう医療をやりたいと思っております。

求める人物像を教えてください

患者様、同僚、それからスタッフに敬意をもって、人間として敬意を持って、接していただける方にきていただきたいな、と思います。

これからは、医師のライフスタイルもずいぶん変わってくると思います。特に女性の先生方ですね。もう3割りを越えて、半分近くが女性の先生になってくるという時代ですので、おひとりおひとりのライフスタイルにあった勤務形態も今後、採用していきたいと思います。

実際働いていただいている女性の先生方からも「非常に働きやすい」と、好評いただいております。そういう点でも是非、先生方とも話し合って、ライフワークバランスをとりながら、無理のないお仕事をしていただければな、と思います。

21世紀の日本の医療を支えていくためには幅広い人間性と、力量をもったドクターが必要だと思います。
是非、先生方のお力を私たちの病院に貸してください。