リハビリテーション科

リハビリテーション科理念

  1. 患者様・ご家族が、納得していただけるリハビリテーションを提供します。
  2. リハビリテーションを必要とするすべての方に、最良のリハビリテーションを提供します。
  3. 地域に根ざしたリハビリテーションを提供します。

リハビリテーション科基本方針

  1. 患者様・ご家族の想いに寄り添い、QOL(生活の質)の向上を目指したリハビリテーションを提供します。
  2. 安心安全の医療と接遇技術を身につけ、専門家として常に最良のサービスを提供できるよう自己研鑽に努めます。
  3. 他職種や他事業所と連携を強め、入院から在宅まで患者様・ご家族の生活を支援します。
当科では、上記の理念・基本方針のもと、大切な人を紹介したくなるリハビリテーションの実践に努めています。

理学療法(PT:Physical Therapy)

理学療法では、病気・ケガ・寝たきりなどによって身体が不自由になった方に対し、日常生活・社会生活に必要な基本的な動作能力の再獲得を目指します。ベッドサイドでのリハビリテーションを含め、退院後のより良い生活をイメージしながら患者さま一人一人にあわせたプログラムを作成し、専門職と連携しながら進めていきます。
また、義肢・装具・福祉用具の選定、家屋環境に対しての提言も積極的にサポートさせていただきます。

運動療法

運動療法は、疾患やケガなどによる身体機能の低下している部位に対し、必要かつ適切な運動を与えることで機能・動作能力の改善を図ります。

日常生活動作練習(ADL動作練習)

日常生活を円滑に行うために必要な生活動作の訓練・指導を行います。

物理療法

物理療法は、医療機器による物理的刺激(熱、電気、光線など)を用いて運動機能や循環機能の改善あるいは代謝の活性を促します。

作業療法(OT:Occupational Therapy)

作業療法では、病気や怪我、年齢とともにおこる体の変化などにより、日常生活の行いづらさを感じている方、予防したいと思っている方に「こころ」と「からだ」と「生活」のリハビリテーションを行っています。そして、日常生活に活かされるよう、自宅や施設での生活を見据えた展開をしています。

言語聴覚療法

言語聴覚士が、「失語症」「ディサースリア」「音声障害」「摂食・嚥下障害」を有する患者様に対してリハビリテーションを提供します。

言語リハビリテーション

「聴く」「話す」「読む」「書く」「計算」が不自由になった患者様に、コミュニケーション能力の改善を目的とした訓練を行います。

摂食・嚥下リハビリテーション

食べられない、うまく飲み込めないといった患者様に対して、機能訓練(舌・口唇の運動訓練、のどのアイスマッサージなど)や代償方法の検討(食べ方・姿勢・食形態の調整)を行っています。頸部聴診法や嚥下造影検査を行い、むせのない誤嚥の早期発見・早期対応を行っています。嚥下チームのページもご参照ください。

スタッフ数

理学療法士 5名、作業療法士 5名、言語聴覚士 1名(2012年6月現在)

施設基準

脳血管リハビリテーション(I) 運動器リハビリテーション(I)
呼吸器リハビリテーション(I) 心大血管リハビリテーション(I)



このページのトップへ