HOME > 岡山医療生協ブログ
岡山医療生協ブログ

糖尿病月間掲示のお知らせ~テーマ防災

糖尿病月間掲示、講演会のご案内

今回は糖尿病月間のお知らせです。

11月を糖尿病月間にしている訳は・・

11月14日は世界糖尿病デー。それにちなんで全国で糖尿病の啓発キャンペーンが行われているのです。

世界糖尿病デーとは(公式ホームページより引用)

11月14日の世界糖尿病デーは、世界に拡がる糖尿病の脅威に対応するために1991年にIDF(国際糖尿病連合)とWHO(世界保健機関)が制定し、2006年12月20日に国連総会において「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議(UN Resolution 61/225)」が加盟192カ国の全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。11月14日は、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、この日を糖尿病デーとして顕彰しています。
世界糖尿病デーは、現在、世界160カ国から10億人以上が参加する世界でも有数な疾患啓発の日となっており、この日を中心に全世界で繰り広げられる糖尿病啓発キャンペーンは、糖尿病の予防や治療継続の重要性について市民に周知する重要な機会となっています。

岡山協立病院でも、毎年11月を糖尿病月間として院内の掲示や講演会を行っています。


今年の掲示のテーマは「防災」です。

この月間に、岡山協立病院のギャラリーに掲示と食事の献立見本、記念の講演会が開催されます。

お近くにおいでの際はぜひ、ご覧になってください。

講演会のお知らせ

「糖尿病と災害」

場所:岡山医療生協 コムコム3階

時:2018年12月1日(土曜)10時~12時

参加費:無料。どなたでも参加できます。

岡山市の危機管理課から岡山市の災害対策、被災者より水害体験など

糖尿病患者さんの災害時の食事や薬の注意事項について学ぶ機会です。

展示のご紹介

糖尿病患者さんのための災害マニュアル

エコノミークラス症候群を防ごう

献立の見本

毎日献立が変わります。3食分の実際の食事と献立表が用意されていて、献立表を持ち帰ることができますよ。

「何科を受診すればいいのかわからない」時は・・・総合診療内科のご案内

2018年11月号から、総合診療内科のご案内をピックアップしてご紹介します。


総合診療内科って何?

総合診療内科というのは、患者さんを身体的だけではなく、心理的・社会的な背景を含めて多角的に診ることで、適切な治療・ケアを提供する科です。


特定の臓器についての専門ではないことから「総合医」と呼ばれますが、複数の疾患や健康問題に対応する能力に長けた、「専門医」の側面もあります。


内科との違いは

内科と重なる部分は大きいですが、内科以外の疾患にも対応でき、また患者さんだけでなくその家族の健康問題にも対応します。

地域の皆さんの疾患予防や、健康増進にも取り組む科です。


キーワード

  • かかりやすさ
  • 継続性
  • 連携

です。

「こんな症状の時何かを受診したらいいのかわからない」そんなときは総合診療内科を受診してください。


受診方法は?

岡山協立病院毎週木曜日、午後14時から16時 予約制です。

御予約は、 代表電話 086-272-2121から、内科外来までお電話ください。


インフルエンザ予防接種

11月になりましたね。

そろそろインフルエンザの予防のためのワクチン接種をうけましょう。


今回は、岡山医療生協の機関紙「健康と生活11月号」より

岡山協立病院 感染制御部師長、中村 賀憲(なかむら よしのり)さんの記事をご紹介します。


流行前のワクチン接種の必要性

流行前のワクチン接種の必要性について

インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、(10人に1人)が感染しています。


インフルエンザは、主に咳やくしゃみの際に、口から発生する小さな水滴(飛沫)によって感染します。


この飛沫をマスクで完全に防ぐことはできません。しかしワクチン接種をしていればウィルスが入ってもしも感染しても、免疫スイッチが作動してウィルスを退治。発症を抑えることができます。


ワクチンを接種する効果

ワクチン接種をしていても、インフルエンザにかかる人もいます。そもそもインフルエンザワクチンは、そのシーズンに流行するウィルスのタイプを予測してつくられています。


予測が外れたり、ウィルスに異変が生じたりすると有効率が下がってしまうのです。なので、「ワクチン接種を受ければ絶対安心」とは言い切れません。


しかし、日本臨床内科医会が毎年行っている研究結果では以下のようなことが示されています。

  • ワクチン接種をすることでインフルエンザにかかりにくくなる
  • ワクチン接種を受けた高齢者は死亡の危険が5分の1に、入院の危険が3分の1から2分の1に減少

ワクチン接種の時期は?

ワクチン接種後、抗体ができて効果が出るまで2~3週間かかります

インフルエンザの流行シーズンに入る前の11月中には接種をしておきましょう。

ワクチンの効果が持続するのは5か月ほど。ですから毎年定期的に接種が必要です。



接種を勧めたい対象者 

特に注意が必要なのは

  • 高齢者
  • 子ども
  • 妊婦さん
  • 持病がある方とその家族

です。できるだけ接種をしておきましょう。

予防接種の予約、お問い合わせは

協立病院 内科 086-271-7825 

*インフルエンザ外来 月・火・金 14:00~14:30

協立病院 小児科 086-271-7830 

*インフルエンザ外来 11/17(土)・12/1(土)・12/22(土)

*インフルエンザ外来はワクチン接種のみの診察を行っています。待ち時間が比較的短くて済みます

協立病院のその他の時間、東中央病院、診療所については各事業所へお問い合わせください。