HOME > 岡山医療生協ブログ
岡山医療生協ブログ

岡山医療生協はISO9001:2015認証されました。

ISOって何?

ISO(アイエスオー)という言葉を聞いたことがありますか。ISOとは「国際標準化機構」という国際的な基準を決めているスイスにある組織です。ネジやクレジットカードのサイズ、非常口など世界共通のマークなどを決めているほか、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO27001(情報)などのさまざまな国際規格を定めています。

ISO9001(品質マネジメント)とは

いくつかある、国際的な基準のうち、ISO9001は品質を管理する規格です。

組織の扱う商品(医療生協では医療・介護サービス)の質を保ち、改善し、顧客(患者・利用者・地域の皆さん・関係組織)の満足を高めるためにルールや仕組みを作ることを求めています。


ISO9001で求められていること

  • P(プラン):法人の理念を実現するための目標、事業所運営のやり方のルールを決める
  • D(ドゥー):ルールに沿って活動をする
  • C(チェック):活動内容を振り返り、理念の実現、顧客満足が達成されているか見直す
  • A(アクション):必要があればルールや仕組みを見直す

 この、PDCAを続けることで利用される皆さんや関係の事業所の要望に応えていくものです。


岡山医療生協はISO認証11年目

2007年4月にISO9001:2000の認証を受け、継続的に改善の活動に取り組んできました。

この規格は2000年、2008年、2015年に改訂されています。ISO9001の認証は毎年外部の審査機関にチェックを受け、2018年8月に2015版への移行が認証されました。


これからも患者利用者の皆さん、連携する医療や介護事業所などのニーズに応えていけるよう努力してまいります。


 

 

 


 

医師を目指す高校生必見!~医師講演会と相談会のお知らせ

医師の仕事って本当はどんな感じ?やりがいは?受験勉強が不安・・・・さまざまな疑問に医師・医学生からのメッセージやアドバイスが聞けるチャンスです。

医師を目指す君たちへ~医師講演会 を開催します。

                                                   

岡山協立病院が加盟している、岡山県民医連の主催企画、高校生と保護者の方向けの講演会です。

                           詳しくはこちらをご覧ください。

 

講師は、岡山協立病院内科医師の板野先生。板野先生は臨床研究部部長、栄養サポート、肝臓病、膠原病を専門として活躍されています。 


医師のやりがいや地域から求められる医師になるために大切なことを、板野先生が自身の経験をふまえ、学生へのメッセージとしてお伝えします。

 

また、講演のあとには岡山大学医学科の学生から、受験のアドバイスや学生生活の紹介をする時間も設けています。

疑問や不安をぶつけてアドバイスをもらっちゃいましょう♪

 

医学科を志望する高校生、保護者の皆様のご参加をお待ちしています。

参加費無料です!お気軽にご参加ください。

 

申し込み方法:「岡山県民連医学生担当 九鬼・風早」 (086-214-3911 igakusei@okayama-min-iren.org)

または、チラシにある申込フォームよりお申し込みください。

 

第1回おかやま健康づくりアワードで、ヘルスチャレンジが受賞!

8月22日のブログでお伝えした、ヘルスチャレンジ。

なんと、第1回おかやま健康づくりアワード 地域部門で受賞しました!!

これは健康づくりに積極的な企業や団体を表彰するもの。


今年は地域部門に55団体から応募があり、その中から5団体が受賞しました。

表彰された会社や団体は次の通りです。

▽地域部門 県愛育委員連合会、県栄養改善協議会、県生活協同組合連合会*、県看護協会(岡山市)吉備国際大社会科学部スポーツ社会学科(高梁市)

*岡山医療生協を含む、県の生活協同組合連合会として受賞しました。

 

       9/5表彰式の様子

ヘルスチャレンジは今年で15年目になりました。

昨年は厚生労働省スマートライフプロジェクト「第6回健康寿命をのばそう!アワード」で、「健康局長優良賞を受賞」それに続いて、今年は栄えある第1回の岡山県のアワード受賞です。

国からも県からもちゃんと認められた健康づくりの活動っていうことですね。

岡山県は9月を「健康づくり月間」として取り組みます。

今年のヘルスチャレンジは新しくウェブサイトからも参加できるようになりました。皆さんも気軽にヘルスチャレンジを始めてみませんか?

西日本豪雨災害募金の集約とお知らせ

7月の西日本豪雨災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。


岡山医療生協では災害地へ医師、看護師、職員の支援を行ってきました。

合わせて地域組合員さんや事業所の窓口で支援募金に取り組み、

8月31日現在、募金総額26万8,548円となりました。

地域、事業所窓口の募金は、医療福祉連合会、全日本民医連へ送金いたしましたのでご報告いたします。


募金にご協力いただいたみなさま、ご協力ありがとうございました。