HOME > 岡山医療生協のご案内 > 出資金について

出資金について

出資金は、医療生協の資本金として病院・診療所の設備の充実や組合員活動のために使われている運営資金です。一人ひとりの力は小さくても、みんなで力を寄せ合えばとても大きな力になります。

日進月歩の医学界では、医療機器の購入や設備の拡充によって新しい可能性にチャレンジすることができます。より充実した医療の実現をめざし、地域での健康づくり運動をいっそう活発にすすめるために、無理のない計画的な増資にご協力ください。

出資金Q&A

Q1:出資金ってなに?
医療生協は「丈夫で長生きするために自分や家族の健康づくりをすすめよう。そしていざというとき、安心してかかれる病院を持ち運営したい」。こんな思いの人がお金を持ち寄り、つくった組織です。そのお金のことを出資金といいます。
Q2:利用・運営参加と結びついた出資金
出資金は組合員が自分たちのために出しあい、自分たちの事業をすすめるための元手(もとで)です(消費生活協同組合法)。組合員の出資金は、岡山医療生協のエネルギーとして病院・診療所の施設や医療機器の充実、地域での健康づくりやまちづくり運動の発展のためにつかわれます。
組合員は出資・利用・運営参加に主体的、積極的にかかわっていきましょう。
Q3:「出資金」と「会費」
サークルなどの会費は期間や金額がきまっていて、定期的に納め、使われたらそれで終わりです。しかし、生協の「出資金」は加入している間、医療生協の事業のために預けておくもの。医療生協は、その「出資金」を元手に、事業をすすめています。「出資金」は、組合員みんなの共有の運営資金です。
Q4:出資金と医療法
医療生協は「消費生活協同組合法」と「医療法」によってその性格と役割りが定められています。医療機関は、組合員以外の人も多く利用しており、また、医療活動は診療報酬や健康保険などにより、生協以外の制約を多く受けています。そのために出資金の「配当」はできません。班活動や健診など、医療生協の活動に参加することでメリットを実感していただいています。
Q5:加入時の出資金
初回になるべく5000円からお願いしています。医療生協の活動にふれ、良さを実感していただいたら、増資をお願いします。少しずつ、毎月の積み立て増資がわかりやすいですね。
Q6:脱退の手続きは?減資はできるの?
転居・死亡などで医療生協を脱退される場合は、出資金は全額返済されます。出資金の減少について、「生協法」では「組合員がやむを得ない理由により出資口数を減少しようとするときは、事業年度末の90日前(12月末日)までに、減少しようとする出資口数を予告し、その事業年度の終わり(3 月末日)に減少することができる」となっています。
Q7:なぜ増資が必要なの?
Q2で述べたように、出資金は組合員がやりたいことを実現するための「元手」です。医療生協の健全な運営のためには「借り入れ」をなるべく少なくし、「元手」を多くすることが必要です。 「総資産の30%の出資金を」が相言葉です。