HOME > 岡山医療生協のご案内 > 理事長あいさつ

理事長挨拶

岡山医療生活協同組合は、1952年8月に306人、出資金10万円で創立されました。そして2014年度末で、組合員64,115人、出資金18億3,128万円の組織に成長しました。事業所は岡山市と玉野市で2病院、4診療所、10介護関連施設、1健診センターを「出資・利用・運営参加」協同組合らしさを活かして運営しています。地域では46支部が健康づくりを中心に多彩な取り組みを通じ「出会い・ふれあい・支えあい」を大事にした組合員活動をすすめています。そしてこの間、いつまでも健康にくらし続けたいという住民の願いを土台に、いのちと健康を守る医療・介護活動と社会保障の充実をすすめる取り組みを統一してきました。

今年は、戦後70年、被爆70年という節目の年です。「戦争する国づくり」を許さない取り組みを多くの国民と連帯してすすめていくことが求められています。組合理念「岡山医療生協は、いのちと心を大切にします」の実現をめざし、組合員・役職員の協同した力で、健康で明るいまちづくりに貢献していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

岡山医療生活協同組合 理事長 木村 高清